ヤギホイホイ的な塔は実在した。名前はGoat Tower

| コメント(0)


先日からツイッター上に回っていた「ヤギホイホイ」。細長い塔の形そのものは牧場などのサイロっぽい感じではあるのだけど、横についている大砲みたいなのはなんだろうか......と思っていたら、写真が出てきて納得。これ、らせん階段だったのね。でももう少し詳細を知りたいなあ、と。


ということで色々とキーワードを変えて検索したところ、どうやらGoat Towerという名前らしい。動画も複数確認でき、ちゃんとヤギがいるので、間違いでは無し。


Wikipediaをトリガーにいくつか確認したところ、19世紀ぐらいから存在する、ヤギの遊具的な存在とのこと。ヤギを狩るためのヤギホイホイではなく、飼っているヤギを遊ばせるためのもので、ハムスターの回転車輪みたいな感じかな。なぜこの形をした塔にヤギが集まるのかは説明が見つからなかったけど、元々ヤギは荒れ地に住んでいることが多いのと、高い場所が好きってのが功を奏しているのかもね。まぁ飼い主にとっても、ヤギが楽しんでくれて、しかも一か所に集まっているのであれば、便利なものに違いは無く。

そういや室内の高い場所に色々と通路を作って、猫の遊び場的アスレチックタイプの通路を作る例もある。考え方としてはあれに近いと思えばいいのかもしれない。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年1月30日 08:05に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「国内のペット数、犬は減少・猫は微増で同数に迫る」です。

次の記事は「専門家の自称や国家資格の取得ですらも、該当分野の言及が正しい事の担保としては弱い時代に」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31