セブン-イレブンのドーナツ「セブンカフェドーナツ」が19日から全面改定との話

| コメント(0)
株式会社セブン‐イレブン・ジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 最高執行責任者〈COO〉井阪 隆一(◇))は、店内のレジカウンターの専用什器で提供するドーナツ『SEVEN CAFE Donut(セブンカフェドーナツ)』を1月19日(火)よりリニューアルし、全国にて展開いたします。本リニューアルでは、それぞれのドーナツの特徴に合わせ、全ての原料、製法を見直し、より食感と美味しさにこだわりました。一例として、『チョコ&ナッツドーナツ』は、生地に、口どけの良いこだわりの小麦粉を使用し、湯種(※)を入れることで"ふんわり、もっちり"な食感を実現しました。さらに、手作業でのトッピング工程により、味わいと食感の変化が楽しめるドーナツに仕上げています。また、昔から馴染みのある人気の揚げパン『ツイストドーナツ(メープル風味)』など新メニューで新たな食シーンを提案いたします。専用工場の優位性を最大限活かし、チームマーチャンダイジングの開発体制を強化することで、より価値ある商品に仕上げた『セブンカフェドーナツ』の味わいをお楽しみください。

コンビニのカウンターフーズ界隈に大きな変化をもたらしたカウンタードーナツ。今やドーナツは間食アイテムとして数年前と比べて桁違いの知名度と存在感を確保している。同じ粉もの系スイーツとして日本でもたい焼きとか大判焼きがあるし、中身もクリームやらうぐいすやらチーズやらで楽しめるはずなんだけど、やはり「冷えると味が超落ちる」ってのがウィークポイントなんだろうな。逆に、冷えても美味しいままのたいやきや大判焼きが開発できれば、一大発明になるとは思うのだけど。

で、躍進しているコンビニドーナツの雄、セブン-イレブンの「セブンカフェドーナツ」が19日から刷新されるという。そういや先日足を運んだセブンでも、そんなことが大きく貼り紙してあったっけ。「コンビニドーナツはすぐに調達できるから嬉しいんだけど、味が専門店のと比べると今一つ」との話はよく耳にするのだけど(あくまでも汎用品、PB的なものだからその辺りは妥協しないととは個人的感想であるし、当方はコンビニのも専門店のも大好き)、このような形で日々改良の努力は怠っていない、と。

セブン-イレブンのドーナツほどのアピール度ではないけれど、先日ローソンでも主力ドーナツの一部において、多様な改善を行ったとの話があった。個々の商品紹介ではちゃんとリニューアルしたとの話も書いてある。味は数量的なパラメータとして表しにくいので比較はできないけれど、少なくとも「より美味しくなるように」との努力は続けられている。

「コストダウン云々じゃないの?」とのひねた考えもあるだろうけど、元々集客アイテム的な要素が強いのと、まずければすぐに売れなくなるので、コストを下げても廃棄率が高くなるから意味が無い。結局、消費者の需要に合わせて、より良いもの、より美味しいものを創り上げていくことが、現状維持、さらには躍進につながるわけで。

どのような味わいになるのか、リニューアル後に機会があれば、あらためて試食してみることにしよう。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年1月16日 06:35に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ファミマの新作中華まんはウルトラマンとバルタン星人」です。

次の記事は「スナック菓子のドンタコスとスコーンがふりかけになる時代、だがそれがいい......」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31