米国の2014年分の出生率データがようやく出たようです

| コメント(0)
米疾病対策センター(CDC)は23日、出産に関連する統計を発表し、2014年に1000人の女性が産んだ双子の子どもは33.9人と、双子の出生率が史上最高となったと明らかにした。また、米国の昨年の出生率は2007年以降最も高かったという。


15~19歳の女性が出産した子どもの数は、女性1000人につき過去最低の24.2人となった。未婚女性の出産率は同43.9人で、6年連続の減少となった。また、帝王切開が行われた率は全出産の32.2%となり、07年以降最低となった。未熟児での出産も減少傾向にあり、全体の10%だった。


ネタ的には双子周りの話が面白いからとのことで、引用元ではトップ的な扱いをしているけれど、実のところはさほどそれは大きなニュースバリューがあるわけでは無く。2014年分のアメリカ合衆国の出生率関連の確定値がようやくCDCから出たこと自身がニュースだったりする。

このCDCの出生率も一例ではあるんだけど、国内外を問わず官公庁発の公的データの公開が、例年よりも随分と遅れている事例が複数あり、本家記事の更新がずれ込んでいるものが少なくない。今件の出生率ならば【アメリカの人種別出生率の詳細をグラフ化してみる(2015年)(最新)】などが該当するかな。

これで一両日中には2014年分の最終データ(Final Data)がCDCの公式サイトに出るはずなので......と確認したら確かに「Births: Final Data for 2014.」と出てた。これでようやく記事の更新ができる。色々と立て込んでいるのだけど、年末までにはどうにか情報をアップデートしたいところ。アメリカ合衆国でも出生率は減少傾向にあるので(人種を問わず)、その動きが継続しているのか、気になるんだよね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年12月26日 07:00に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ミスドの新作は「クリームブリュレ」的なドーナツ」です。

次の記事は「「ニンジャカラスザメ」と命名された新しいサメ、確かに見た目はニンジャだった」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31