「文明堂豆劇場」のキャラ、ぬこではなくクマだった

| コメント(0)
パッケージには、「文明堂豆劇場」のクマ。しかしながら当社調べによるアンケートでは、なんと88%が「クマだと知らなかった」と回答し、キャラクターを認識していた人のうち52%が「ネコ」だと記憶していたことが判明!改めて、「クマ」として愛着を持っていただけるよう、新たにデザインしました。

「カステラ一番電話は二番」のCMでお馴染みの......って今でもこのCM放映されてるのかな? ともあれ、そのキャッチコピーで知られている、文明堂のマスコットキャラクタ。そのキャラクタをイメージカットに用いたおやつカステラの紹介ページでの話ではあるんだけど、驚愕の事実が。実はこのキャラクタ、猫ではなくてクマだったという。

以前にもちらほらとそんな類の話は聞いた記憶があるような無いような気がするのだけど、本家本元で「猫じゃなく、クマだった」といわれると、やはり頭からバケツをかぶせられてその上で棒でたたかれたような感じになる。

やはり耳がちょっと生えていることに加え、尻尾をふりふりさせていること、そして何よりも白い色ってのが、猫っぽさをイメージさせたんだろうなあ。これが仮に茶色とかだったら、クマと認識されていたかもしれない。

ともあれ、文明堂のアレはクマ。猫で無くてクマ。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年11月 2日 06:37に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「トミーテックの建物コレクションの出来栄えがかなり良いものとなっていた」です。

次の記事は「黒沢監督作品の魅力を演出の観点でチェックすると」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31