猫はむかしからのびるものだった、そしてのばして戯れる遊びもまた......

| コメント(0)


説明部分に例えば「うるわしき女性、猫を伸ばして楽しむの図」みたいな解説がないので、これが本当に、いわゆる「猫をびろーんと伸ばして一緒にたわむれている」情景なのか、単に猫を持ち上げようとしているだけなのかまでは不明だけれど、古から猫をこんな感じで持ち上げ、その伸び具合を観るってのは行われていたようだ。

果たしてどんな様態として名前が付けられていたのだろう。それとも単に猫の特性として「こんな風に持つと猫は伸びるもの。そして猫も悪い気はしないように見える」といった認識だったんだろうか。当時の猫や犬と、人間との関わり合いの実情をリサーチしてみるのも面白いかもしれない。「江戸犬猫見聞録」みたいな。

この様式を「ねこびろん」と呼び、その愛らしさに多くの人がとりことなってしまい、各地を巡って行われるようになる。歌川広重によって描かれた「東海道五十三ねこびろん」は後の世に広く伝えられる事となった......とか。ないないそれは無い。

でも猫ってなんであんなに伸びるんだろう。不思議。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年9月17日 06:40に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「自転車の灯火と白いタオル、自分がここに居ることを周囲に知らせる方法」です。

次の記事は「熱いコーヒーを入れると充電したように見える不思議マグカップ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31