パニックに陥るとこんな運転をしてしまうのか、という一例

| コメント(0)


日本でもドライブレコーダーが普及し始めるのに連れて、さまざまな運転風情を知ることができる映像が公開されるようになった。かつては自分自身の運転に係わる情景、加えて精々ニュースなどの報道映像位が関の山だったけど、今では日本でも、実に多種多様な運転上のトラブルを確認できる(。まぁ、トラブルだけじゃなく、美しい風景をはじめ、ドライブならではの景色感を堪能できるのも山ほどあるけど)。

今件は当方のツイッターのタイムライン上に、ダイジェスト的に回ってきたアニメGIFの、元動画となるもの。やはり詳しい状況は説明されていないけど、場所は日本、恐らくは狭い一本道で対抗車両の存在に気が付き、このままでは突き抜けることができないとして焦っていたところ、通行人などに下がって戻るしかない的な話をしていたようだ......でも該当する映像がドライブレコーダーのものとして存在していることを考えると、挟み撃ち的な状態なのだろう。

で、運転席のドアを開けて後方を確認しながら低速でバックしようとしたところ、これはどう見てもアクセルを踏み込んでしまい、加速暴走。レコーダーの持ち主の車に衝突する。

で、ここまでならまだしも、その後さらにパニック状態となったのかアクセスを踏み込んで前進。そのまま逃げようと......したわけでは無く、単にどうしたらよいのか分からない状態となったに違いない。ほどなく左側の何かに乗り上げ、自動車の下部部分に損傷が生じ、ガソリンが漏れまくり危険な状態。

類似動画検索機能を色々と使ってみたけれど、同一動画が見つからず、詳しい状況はこれ以上は分からない。一部サイトでは女性ドライバーが云々とあるけれど、この動画だけでは判断は不可能。

冷静な目で、第三者としての客観的な視点で見れば、なんでこんな行動を...と思うのだけど、事実としてこんなありえなさそうな事態を引き起こしかねないのも、自動車の注意しなきゃならない点ではある。便利であればあるほど、その取扱いには注意をしなきゃ、ね。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年9月14日 08:16に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「医学部の定員を削って医療費削減を狙う......!?」です。

次の記事は「コンビニの店員・アルバイトには専用資格を設けて資格給を、という考え」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31