ゆでたまご用の塩を納める袋の作り方

| コメント(0)


今でもたまごクラブはあるし、ひよこクラブもこっこクラブもあるよ......と思い返してみたらこっこクラブは休刊してたんだっけ。厳密には「たまひよ こっこクラブ」。まぁ残りのひよこクラブもこっこクラブも最近はちょっと軟調なんで巻き返しが必要かな。

という話はさておき。最近ではゆでたまごをお店で買う機会はほとんど無く、お弁当屋で調達ってのもあまり聞かない。でも確かにお弁当屋などでゆで卵を買うと、こんな感じで薬包紙的なおり方をした袋に食塩が入っていた気がする。

でも考えてみたら今でも薬は存在するので、この包みでってのも十分あり得るんだな。もっとも薬自身も当方は錠剤なので、PTP包装されるのがほとんど。以前粉薬を貰う機会もあったけど、それもちゃんと機械で一回分ずつ袋に詰められていたから、このタイプの折り方で薬をもらったことは無い。

折り方を覚えておけば、お弁当などでちょっとした薬味なりを加えたい時には便利かもしれないな。もっとも最近ではお弁当屋でも小袋で提供されるのがほとんどで、インスタント麺でも小袋提供だし、このタイプの折り袋自身を見たことが無い人も多いかもしれない。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年8月17日 08:12に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「物事の可視化は色々な価値観をひっくり返したり実態を見せるように」です。

次の記事は「ピノの新作はアロマ珈琲、シックなデザインパッケージで期間限定発売」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30