大阪のおばちゃん名物「あめちゃん」が商品化されていた

| コメント(0)


実物......というか受け渡しの実態に遭遇したことはないのだけれど、大阪のおばさまたちはいつもポケットに飴を常駐していて、機会があればあめちゃんこと飴の類を手渡ししてくれるという伝説(待て)がある。当方も昔は大阪に住んでいたのでその経験はあるはずなんだけど、もう記憶には残っていない。

それだけに、商品パッケージとして「大阪 金のあめちゃん」と多少もじってはいるものの、大阪のおばちゃんの飴的なものが目の前に並べられていると、思わず注目してしまう。気が付いたら1つ購入していた。これは罠よ。

パッケージには例のグリコの看板やら大阪城やら大阪的な背景に、自転車に乗ってパーマを決めたおばちゃま的な人のイラスト。中身は普通の黄金糖の飴。商品一覧には掲載されていないけど、【黄金糖】が製造者として明記されているのでパチモンの類では無い。

味は普通の、そしてちょっと懐かしい黄金糖。おばちゃま味はしない(なにそれ)。話によると大阪のおばちゃまが手渡す飴はむしろ色とりどりなもので、黄金糖の類のものはあまりないという説もあるけれど、雰囲気が楽しめればそれで良し。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年4月23日 05:56に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ツイッター本家の「ひと手間増やした」インターフェイスが元に戻っていた」です。

次の記事は「若者の●×離れて確実なもの、若者の若さばなれ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31