抹茶テイストで攻めるパスコ、メロンパンやどらやき、シフォンケーキに蒸しケーキまで

| コメント(0)
Pasco(敷島製パン株式会社)は、宇治抹茶を使用した「宇治抹茶シリーズ」4アイテムを、2015年3月1日より、東北、関東、中部、近畿、中国、四国地区(※)で発売します。※商品ごとに異なり、【各商品の特徴】に詳細を記載


生地やクリームに、抹茶のなかでも特に味と風味に定評のある「宇治抹茶」を使用しています。宇治抹茶の上品な味を表現することにこだわりました。パッケージにはキラキラした光沢感ある市松模様をとり入れ、きらびやかに「和」を表現、華やかな売り場づくりを狙います。


昨今では金銭的に余裕のあるシニア層の増大に伴い、食品系でもそちらをターゲットとした味わいの商品が増えている。その代表的な味が「抹茶」。元々健康志向やら独特の渋みが受けてはいたのだけれど、ここ数年の抹茶関連の食品の急増は、どう考えてもシニア向けの商品云々ってことでないと説明が出来ない。まぁ元々そちらの方を向いた食品が少なかったから、ある意味当然の話ではあるし、よほどのものでない限り若年層や中堅層にも受け入れられるものだから、「味わいの幅が広がる」と考えればいいだけの話なのだけど(個人的にも抹茶は好きだし)。

で、今回登場するのは菓子パン・惣菜パン系ではお馴染みのパスコブランドから、抹茶尽くしなラインアップ。メロンパンやどらやき、シフォンケーキ、蒸しケーキなど、定番アイテムにがっつりと抹茶テイストを盛り込んでいる。商品名もあえてひらがな表記をして和の様相を強調。興味深いのは背景のデザインに市松模様を採用したこと。要はチェック柄なんだけど、和風の模様でありながら、洋風のテイストも感じることが出来る、不思議な仕上がりとなっている。結構イカスね、これ。

個人的には「宇治抹茶めろんぱん」は一度食べてみたい感じがする。ビスケット生地にクリームと小豆のサンド。もう黄金の組合せじゃん。......ってよく見たら販売エリアが各商品で限定されてるんだな。関東の場合は「宇治抹茶蒸しけーき」が未発売なのか。とほほ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年2月26日 05:46に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「黒ギャルがアニメの名シーンに登場したらどうなるか、と的確さ・有益さの言葉の重み」です。

次の記事は「第一パンのプレミアムな食パンは「金色」との話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30