ケンタのフライドポテトの販売が再開されたでござる

| コメント(0)


昨年のマクドナルドのどたばた劇の一つである「アメリカ西海岸の港湾施設における労使交渉の長期化によるじゃがいも輸入の滞り」によるフライドポテトの販売に影響が出た件。ケンタッキーフライドチキンでは一時期販売そのものを中止する事態に陥っている。まぁ、マクドナルドと比べてメニュー全体に占めるウェイトが低いので、さほど騒ぎにはならなかったのだけど、労使問題による輸入遅滞があちこちに影響を及ぼしていることを改めて知らしめてくれるお話ではあった。

その労使交渉は今なおどん詰まりの状態で状況改善の気配は見えず、それに従ってずっとフライドポテトの販売休止ってわけにもいかないことから、今回ケンタもマクドナルドなど他社と同様、他の輸入ルートを用いることで素材を確保し、販売再開に至ったという次第。ケンタのフライドポテトファンには一安心。

今件では2つ、「アメリカの労使問題(に限らず「権利」を主張する筋)は結構末期的な状態にある」「輸入ルートの単一化は『かごの中の卵』的なリスクを生じる」について、再確認させられるような形となった。まぁ大手企業なら多かれ少なかれその辺は理解しているはずなんだけど、効率性を優先しちゃってたんだろうな。

安全やらリスク勘案ってのは、それが杞憂に終われば無駄扱いされることすらあるけれど、こういう「懸念の実体化」の際に、「やっぱり必要なんだな」と再確認させられる話ではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年2月20日 06:27に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「敵に攻撃するだけがすべてではない...「コムサイト」で知った発想の転換」です。

次の記事は「パスコから国産小麦をアピールする菓子パンが登場」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31