ツイッターから得られた名言「人は有り得そうなことよりも信じたいことを信じる」

| コメント(0)


ツイッターはいわば短文で完結するブログのため、物事をシンプルで表す必要が生じてくる。それゆえに「分かりやすいと正しいは別物」的な錯誤をもたらすリスクも多分にあるのだけれど、それを十分に考慮した上で見定めれば、良い話はいくらでも目に留められるし、自分の糧とすることもできる。いわばことわざ、教訓、偉人の名言みたいなものだ(それらをまとめたbotもあるぐらいだし)。

今件挙げられた3つはそれぞれツイッター......に限らずソーシャルメディアやら掲示板やらブログやらサイトなどでも繰り返し語られているけれど、短い文面でざっくりと把握できる内容のため、ツイッター上で見かける機会は多い。「人は有り得そうなことよりも信じたいことを信じる」なんてのは先日【なるほどそうか、トンデモ論は詐欺師と同じという見方】で紹介した詐欺師の手口そのものだからね。特に対象者が何らかの形で弱っている、窮地に陥っている時に引っかかりやすい。

提案を複数用意するってのも以前紹介した気がする。遅刻云々は当方自身はとんと経験が無いけれど、確かに「まず報告しろ」ってのは理解できる気がする。その情報があれば対処は出来るし、遅れた理由の内容によってツッコミが入るか否かってのは二の次レベルの話だから。

一方でツイッターって、即時性の高いメディアでもあるので、情報そのものがすぐに流れて行っちゃうのも事実。自分が心に留めおきたいものがあれば、当方のように再構築した上で自分自身の解説や理解を加えて独自の糧にしたり、お気に入りにしたり、テキストファイルにこぴーしておいたり、トゥギャッターにまとめておくとかはしておいた方がいいかもしれないね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年2月18日 07:57に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「自前の画像をツイッター上にアップしている人は要検討・パクツイbotの打倒ツール「パクツイスレイヤー」」です。

次の記事は「電子書籍のもう一つのメリット、「需要がある」ことを出版社に、作者に伝えられる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30