キリン午後ティーにフルーツティーシリーズ展開開始・第一弾は「とちおとめ」がターゲット

| コメント(0)
キリンビバレッジ株式会社(社長 佐藤章)は、紅茶飲料のNo.1ブランド「キリン 午後の紅茶」から、季節をいただくフルーツティー「キリン 午後の紅茶 春をいただく とちおとめティー」を3月3日(火)から全国で新発売します。


今回新発売する「午後の紅茶 春をいただく とちおとめティー」は、日本を彩る季節の気分と旬の果実のおいしさを提供するフルーツティーをコンセプトに、産地品種指定の旬の和果実を使用した新しいシリーズの第1弾商品です。

今年、1986年の発売から30年目を迎える「午後の紅茶」ブランドは、これからもさらなる紅茶飲料市場の活性化を目指します。


ボトルタイプの紅茶で知られている「午後ティー」などと略されることの方が多いかもしれない「午後の紅茶」。今年で30年目を迎えるということで、ちょっとした飛躍を始めるらしい。その流れの一つが、フルーツティー化のシリーズブランド構築......なんだけど、単なる果物ではなく「和果実」と明記しているあたり、やはり今流行のシニア層を多分に意識した商品開発、展開なんだろうなあ、と思わざるを得ない。

第一弾はストロベリーティーということで、とちおとめを採用。りんごやレモンはよく見聞きするけれど、いちごと紅茶の掛け合わせってのはあまり見たことが無い。午後ティー部分は安定した品質を持っているので心配はいらないのだけれど、組合せが結構興味深い。いちごとミルクは相性が良い、ミルクと紅茶は相性が良い、だからいちごと紅茶も相性が良い......のかな?

発売は3月3日から。紙パック式なのでコンビニでもよく見かけることになるはず。目に留めることがあったらチェックしてみようかな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年2月18日 06:54に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「アレな2紙の寡占状態...沖縄の新聞事情」です。

次の記事は「子供の書き方練習、書いている内容を見てびっくり、これはいったい......」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31