ねこたちの来訪をただただ眺めて楽しむ「ねこあつめ」に興味津々

| コメント(0)


何らかの知的な思考は持ち合わせているのだけど、人間にはその実情を推し量ることはできず、勝手気ままなその様相と愛らしい外見がまた魅力的でもある、犬と並び人間にとって欠かせない愛玩動物、ねこ。その猫たちが自分の庭先にやってくるのをひたすら眺めているだけの、環境型箱庭ゲーム......というかソフト「ねこあつめ」。ビジュアルの愛らしさと、ソフトそのもののコンセプトが結構ツボだったりする。タイトルも分かりやすくていい。説明も「ゴハンとグッズを置いておき庭先に集まってきたねこたちをただただ眺めて癒される。基本的にはそんなアプリです」。事実上一行ですべてが説明されてしまう。


基本利用料は無料で、アイテム課金によるビジネスモデル。少額決済が可能なゲームアプリならではのもので、iOSとアンドロイドの双方に対応。写真が撮れたり、やってきた猫に名前をつけられたりと、徘徊猫と仲良くなると良くやりがちな行動がそのまま出来るのも嬉しい話。グッズが色々と用意されているので自分だけの「ねこにわ」を作れるのもいいね。

......書いてたら自分でも実際に遊びたくなってきた。週末にでも端末の整理して「ねこあつめ」をインストールしてみようかな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年2月16日 07:25に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「説明書、操作説明シート、クラブニンテンドーの紙...パッケージ版だけど、どんどん箱から消えていく」です。

次の記事は「確定申告に行ってきました(2015年2月16日、練馬東税務署)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30