動物病院の中の人が語るワンちゃんとチョコの危ない関係

| コメント(0)


先日のバレンタインデーに伴い、世の中では戦場の銃弾のごとくチョコレートが飛び交い、その銃弾を作るべく自宅内には多様なチョコレートが完成品、あるいは原材料の形で点在する状況もあったはず。だけれど、室内犬や室内猫を飼っている......あーそれだけに限らず、室内で自由に歩き回れるような飼育方法をしているペットを飼っている人においては、チョコレートの管理を厳重にしましょうという話。これはもちろん、バレンタインデーに限らず。

チョコレートは今や誰もが気軽に手に入れられる洋菓子となったこともあり、ついついさくっとテーブルなどに置きっぱなしにしてしまう機会があるかもしれない。キャラクター系のチョコレートとかね。食玩についてくるタイプのもしかり。あるいは子供が知らずにペットにあげてしまうかもしれない。親がしっかりと教えていたにも関わらず。だからちゃんとした管理が必要。


検索結果として上位表示されるアレなサイトの話は、今件のペットとチョコに限らず結構存在するもので、検索エンジン側も何らかの対処なりが必要ではないかなと思うのだけど(この辺のアップデートも結構なされているはずで、それでもなお状況が改善されないってことは、やはり技術力の点で問題があるんだろうな)。

この辺の話はペットを飼うときに目を通すであろう専門誌には必ず載っているはずだし、例えば「ねこのきもち」「いぬのきもち」のような定期専門誌ではバレンタインデーが近づくごとに注意事項として何らかの記事が掲載される......はず。毎年新たにペットを飼う人が現れる以上、注意は毎年がっつりとやる必要があるんだろうね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年2月15日 08:39に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「これはステキなSNSやインターネットの正しい使い方指南のイラストたち」です。

次の記事は「バレンタインデーのチョコレートが年賀状化しているという指摘」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30