「変なアプリが連携されて困ってるので対策アプリを創りました」もまた変なアプリ、絶対使っちゃダメ

| コメント(0)


先日の【昨今のツイッタースパム・乗っ取り事案事情】やそのリライト版にあたる【最近のツイッターによるスパム・乗っ取り事情とその対応策】に関する後日談的な話。リスト型アカウントハッキングにしても単純な悪質アプリ連携型にしても、自動的に広告系ツイートを第三者にさせるのには、原則連携アプリの仕組みを使う必要があるため、見方をかえればその連携アプリこそがネックとなる。そのアプリを断ち切ってしまえばいいのだけど、上記記事でも解説の通り、初心者には分かりにくい。さらにスマホからでは原則削除手続きが出来ない(パソコン版画面に切り替えればいいんだけど)。

で、面倒くさい、分からないという初心者などをターゲットにした、こんな感じのアプリが出てきたりする。要は、詐欺にかかってお金を無くした人に声をかけて、「取り戻してあげますよ」と誘い、さらにお金を奪うという、追い打ち的な詐欺手法。元々の悪質連携アプリにひっかかる人は初心者の可能性が高いので、このような追い打ち手法にひっかかる可能性も低くないという算段によるものだろう。

もちろん実態は、まったく同じ手法による、スパムツイートをばらまく類の悪質アプリがさらに組み込まれるだけの話。

さらに今件アカウントでは、同じ内容のツイートが繰り返し行われている。そして微妙にリンクの圧縮内容が変えてある。これは各種クレームのレスポンスが入ると、新たにアクセスした人がそのレスを読んで気が付いてしまうから。逐次レスがついたツイートを削除し、新たに書き直しすることで、他の人の警告が見えないようにしている次第。手動でやっているか、あるいはこれですらオートなのかもしれない。

またリンク内容が微妙に変えられているのは、システム側でリンク表記をチェックして削除対象とするロジックが組んでである場合、それを回避する目的の可能性が高い。実際、スパム系ツイートのいくつかはシステム側が削除している気配があるし、実例も確認されている。


今件に関してはキャッチーな話だったようで、当日のうちにあちこちにニュース素材となり、伝えられていた。まぁコロンブスの卵的なところでもあるのだろうけど、一般の詐欺同様、ワナにひっかかる人もいるんだろうな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年2月 9日 07:58に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「新聞の読者コーナーで気が付いた、その読者は第三者である必要は無いんだ」です。

次の記事は「愛媛マラソンに機動戦士ガンダムのザクがいたという話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31