コロンにブルーベリー味が登場するとな!?

| コメント(0)
江崎グリコ株式会社は、ロングセラー焼き菓子ブランド「コロン」において、爽やかなブルーベリーとまろやかなミルクのハーモニーがおいしい「ブルーベリーコロン」(大箱)を2015年2月10日(火)より新発売いたします。また同日すべての「コロン」シリーズを"生クリーム仕立て"にしてリニューアル発売いたします。


1970年誕生のグリコを代表する菓子ブランド「コロン」から発売する新商品「ブルーベリーコロン」(大箱)は、甘酸っぱいブルーベリークリームをさくさく香ばしいワッフル生地で包んだひと口サイズのクリーム洋菓子です。小分けしやすい6袋入りの大箱タイプなので、家族団らんの時間に皆様でお楽しみいただけます。


さくさくとしたワッフルと、その中のクリームの甘さやふわふわ感が絶妙な、そして形状が可愛くて一つ一つつまんで食べるのがまたいとおかしなコロン。そのまま食べても冷蔵してクリーム部分をある程度固まらせても、そして冷凍してシャクシャク感にしても楽しめるという、驚異のお菓子。そのコロンにブルーベリー味が加わるとの話。「爽やかな」とあるので、ちょっとした酸味がアクセントになるのかな。

ちょっと気になるのが、これに合わせて既存のコロンが全種類、クリームの内容を変えて「生クリーム仕立て」にするというもの。説明によると「空気をたっぷり含んだコクのあるクリームは、甘くてふんわり幸せな気持ちになるおいしさです」とあるけれど、その分質感が軽くなる、見方を変えるとスカスカ感が生じるのかもしれないな、という懸念が。原材料のコストダウンのために空気を増やすのが目的で、生クリーム仕立ては大義名分では......なんてことは無いと思うけど。美味しければいいんだし。

ちなみに「コロン」という名前はその形状からつけられたとのこと。「円柱」を意味しているんだそうな。ちょっと賢くなった気分。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年2月 5日 06:35に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「うわさのBUZZNEWSが2月6日に閉鎖するようです」です。

次の記事は「「国」の名称表記を止めて「ダーイシュ」「ISIL」「ISIS」にしよう。なぜそれが出来ないのか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30