あれれ減ってるPHS契約者数の推移

| コメント(0)

【ウィルコムの契約数】
【テレコム競争政策ポータルサイト > 加入者数・契約数(総務省)】

↑ PHS契約者数推移(万件)(-2014年9月)
↑ PHS契約者数推移(万件)(-2014年9月)


別件で色々と携帯電話周りのデータを精査していた最中の話。【自宅パソコンのネット接続回線の種類をグラフ化してみる】では「2013年10月以降は非公開化されたため、動向がつかめなくなっている」としたPHSの契約者数推移が、四半期単位ではあるけれどある程度つかめたので、覚え書きも兼ねて。

総務省のデータはY!mobileのウィルコムブランドにおけるPHSのデータを用いているようなんだけど、Y!mobileの方のデータが2014年3月分までしかなく、総務省側では2014年9月分まであるという不思議感。まぁ四半期短信を見れば載っているんだろうけど、2月10日に最新の値が携帯電話の契約者数と合わせて出る予定なので、それ待ちかな。

それにしてもデータを見つけて精査してみて初めて知ったのだけど、「右肩上がりだすげーな」としていたPHSの契約者数、2014年3月をピークに減退してるんだよね。Y!mobileへの吸収合併や経営方針の転換などが要因だとは思うのだけど、これはちょいと驚き。

この辺はTCAにしっかりと毎月データを送って総括した形で公開されていた時期なら、あちこちで分析がされていたんだろうけどねえ......。ちょっと資料が見つからない。数そのものはあまり関係ないというか気にしない風潮になって、それで需要が減る、見てくれない資料や記事は優先順位が落ちる、優先順位が落ちるので見られる機会が減り、さらに需要が減るっていう、情報展開の上での悪循環が起きてる気がする。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年2月 8日 05:44に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ツイッターの決算短信発表、赤字は縮小でアクセスの伸びは鈍化」です。

次の記事は「電撃PlayStationが意外に奮闘している件について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30