セブン-イレブンのスイーツ攻勢は続く、今度はひなまつりに向けた『桃レアチーズ大福』『桜あんみつぱふぇ』が登場

| コメント(0)
『桃レアチーズ大福』は、「大福」「レアチーズ」を組み合わせたスイーツです。クリームチーズ・生クリームを使ったレアチーズと白桃のソースを、やわらかい大福の皮で包みました。『桜あんみつぱふぇ』は、「あんみつ」と「パフェ」を組み合わせたスイーツです。黒蜜ソースをかけた寒天の上に桜のムースを乗せ、みつ豆・こし餡・白玉・桜味のホイップクリームなどをトッピングしました。全国の専用工場で製造し、美味しさにこだわっています。

先日紹介した一部地域で先行試験展開されたと思われる「ことりのむーすけーき」の全国展開がいまだになされず、毎日セブン-イレブンの公式サイトをチェックしたり、機会を見つけて実店舗に足を運んで確認をし、「しまったこれはセブン側のリピーター確保のための罠ね」とも思う今日この頃。ただ、その来店自身もそれなりに楽しいのは否定できない。特にスイーツコーナー。日々新しいのが登場し、こんなの見たこと無かったよ的なサプライズがある。今回「ひなまつりに向けたスイーツ」もまた、見た目が上品でコンビニスイーツとは思えないような品々。まぁ、実物を見ると思ったよりは小さくて、あれ? ってことも多いのだけれど(笑)。

ひな祭りが元々日本の行事ってのもあるんだろうけど、今件商品からも分かる通り、和スイーツ的なものってコンビニ各社が猛烈にプッシュしてるよね。おまんじゅうや羊かんなどの従来型の和菓子の専門コーナーがつくられた上で、一般のスイーツケースにも和スイーツ的なものが結構ある。さらにはその棚が無理矢理延長される形で、さらに和菓子的な和スイーツがずらりと並んでいる。まるでシニア層を引き寄せる掃除機みたいな感じ。

写真にある「桜あんみつぱふぇ」は価格も分量も適量で、ちょっとしたパフェを食べたい時には結構良い按配の一品になるかもしれない。あんみつって実はかなりポイントが高いんだよね。多様な食感が楽しめる甘味だし。気になるのは味のメインとなるクリームと餡。これが良ければ大体大丈夫だし、こけると全部が台無しになる。最近のセブン-イレブンのスイーツはクリームもかなり良いものになっているので、さほど不安はないのだけど......来週以降、目に留まったらチェックを入れてみようかな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年2月17日 06:22に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ビスケットも平仮名で書くと途端に和菓子っぽく見える不思議」です。

次の記事は「合格して超ウレシイ、でもちょっと待って。それツイートしていいの?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31