「高い城の男」のテレビ版が展開されるようだ

| コメント(0)

【高い城の男】


人気を博し知名度も高いのは事実ではあるけれど、確かになぜ今頃感も強い、でもやっぱり見たいよね的な、、1962年に発表された架空戦記小説的な設定の小説「高い城の男」のテレビ版。2010年に映画化が模索された後紆余曲折の末にAmazon studiosがテレビドラマ化、2015年1月15日にはパイロット版が公開されたとの話。

冒頭数分間の、世界観を解説するようなイントロ部分には相当じわじわくるというか、それ系の話が好きな人にはのめり込むこと必至で、小説を読み通した経験がある人はもちろん、そうでない人も、大いに気になるはず。小説内で見られた、当時の日本に対する視点のアレさがそのまま出ているんで、妙な気分になるけれど、それがまた味として出ている。


繁華街の看板に「厚生労働省」は無いだろとか、どちらかというと香港みたいな感じだなとか、ツッコミ所は山ほどあるけれど、今なら半ば笑いながらじっくりと堪能できるに違いない。日本語版の登場が大いに待たれるところだな。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年1月20日 06:13に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「かに道楽の宣伝まんがで朝から笑いが止まらない」です。

次の記事は「スマホ的な従来型携帯「AQUOS K」なるものが登場するようだ......ってこれスマホか!?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31