ツイッターが使っている圧縮URL「t.co」のトップページってこんなのだったのか

| コメント(0)
↑ 「t.co」のトップページ
↑ 「t.co」のトップページ


先日記事の編集をしている際、つい間違ってURL部分のクリックを押してしまったところ、中途半端なところで改行処理がされていたので、「t.co」の部分だけがリンク対象となり、こんなページに飛ばされた。あれ、これは初めて見るぞということで覚え書きも兼ねて。

「詳細」のボタンを押すとヘルプページ【Twitterのリンクサービス(http://t.co)に関するFAQ】に飛び、このドメインの詳細が説明されている......けど、「注記:t.coリンクは、非公開でも公開でもありません、このリンクは、誰でもその内容を閲覧することができます」という表現はなんだか変だよなあ。

要は「t.co」ってのはツイッター内のツイートでURLを入力した際に、自動的に圧縮して文字数を稼ぐために用いられる短縮用URL。短縮したものは出来るだけ短い方が効率が良いので、ごくごく短いURLの方が都合は良い。

この短縮URLが使われると当然短縮の機能を示すだけでなく、ツイッター側でクリック回数の計測が行われる他に、ツイッター内部でのブラックリスト的URLと参照されて、それに該当したらあぶねーぞ、ゴルァという警告をしてくれる次第。

まぁ、今回のように間違ってクリックでもしない限り、「t.co」のトップページにアクセスすることはないだろうけど、間違ってアクセスしても特に問題はないということで。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2014年9月17日 06:10に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「猫を飼うと毎日こんな情景と遭遇できるのね、何気ないやり取りにほっこりできる猫たち」です。

次の記事は「「小学生は生徒にあらず」という話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31