まんがタイムきらら2014年7月号 読了

| コメント(0)
↑ まんがタイムきらら2014年7月号
↑ まんがタイムきらら2014年7月号


表紙は先月に続き「ゆゆ式」。ああ、もう梅雨の季節ですな。あっさりとした色合いで、季節感も合わせデザイン的にはハナマル。ただしキャッチコピーがちょっとダサい。


■ゆゆ式......今回も巻頭カラー。先日某所で指摘されて気が付いたんだけど、キャラの動きだけでなく、セリフ回しの巧みさに、改めて感心。頭の中にするりと入ってイメージ化される自然さってのは、才能が無いと出来ないよね。
■箱入りドロップス......この位置での掲載は結構珍しいかな。そして作品では恐らく初めての状況。現実ならよくあることで、乗り越えねばならないハードル。どうやって描いていくのか。サブキャラ二人+もう一人が動く動く。世界観がガツンと一回り大きくなった感じ。彼女自身も大きくなれるのか、な。
■三者三葉......世界は救われた。これだけで読者も救われる。この作品もしっかり見ると切り口の旨さなどが見えてくる秀作。
■〆切ごはん......サンドイッチと過去の黒歴史と青画面。なんだか色々とダブる人が多そうで、今回はのけぞりながら読む人が多いかも。
■はなまるスパイラル......絵柄やストーリーはタイプなんだけど設定上動きが無いのが弱点。その分内部的に色々と細かい関係が。いわゆる舞台劇的な切り口なのかもしれない。これはこれで良し。
■しゅばりえーる......一応女騎士漫画だけど今回は武具とご飯の話。ネタ的に連動性も高いので「〆切ごはん」とのコラボを期待したい。
■しかくいシカク......バレンタイン。で、どうやって写真と絡ませるかというと...読んでからのお楽しみ。というか今回はスクラップと映像ってことで写真とはあまり関係ないかも??
■サンタクロース・オフ!......学校の怪談とのコラボ的な。確かに「欠片」は見方を変えれば怪談っぽくなるよな。で、次から連載決定。これはメデタイ。今回の切り口である程度話が伸ばせることも分かったし、期待の一作。


「クロ」と「リリウム」は今回お休み。うーん。次回で「女子大生」は最終回。「きんいろモザイク」が次回ゲスト予定。

......あー。編集部なり、その上の判断ってのもあるんだろうけど、某ゲスト作品のプッシュがあまりにも露骨すぎて、かえって仇になってる感じ。正直、逆効果かなという感じがリサーチの限りでは。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2014年6月 9日 12:35に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「携帯電話の通話機能は食玩のガムみたいなもの」です。

次の記事は「ジャイアントカプリコ すいか味 試食」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31