松屋で「プレミアム牛めし」なるものが試験運用中らしい

| コメント(0)

【限定テスト販売か?松屋の「プレミアム牛めし」と通常の牛めしを食べ比べてみた】


4月に入って牛丼御三家の牛丼(牛めし)価格もそれぞれ差が付き、冬期における最大の注目カテゴリだった「鍋」への対応も三社三様。その中で、価格は二番目、吉野家の堅調さとすき家のドタバタ感に隠れてしまっているけど、決算短信見た限りではリストラも進んでいるし結構それなりに健闘しているのかもな...という感のある松屋。その松屋で、牛丼のアップグレード版的なものが試験運用されているという話を昨日見聞きした。

これが吉祥寺店だけのものなのか、他の店舗でも展開しているか否かは不明。まだ公式サイトには言及はないけど、専用の登りを使っているところを見ると、1店舗だけで終わらすことは無いみたい。色々と検索して試食できた人の感想を総括すると、良しが7で悪しが3位。50円玉1枚の上乗せ分としては、悪くないって感想が多く、味が違うのは分かるけど好みじゃないという意見がちらほらと。これはもう、好き嫌いの問題だから仕方がない。

今後このプレミアム牛めしが他店舗にも展開、さらには常用メニュー化するのか否かはまったく不明。また仮にそうなったとして、通常の牛めしとの差し替えになるのか、それとも併用しての販売となるのかなど、疑問となる点は多い。前者の場合、牛めしの具材は他のメニューにも使われているから、そちらの価格も変動する可能性がある。

吉野屋の牛丼も4月の前と後とでは味わいが変わったとの感想もある。こちらも概して好印象の意見が多い。松屋もこの波に乗る形になるのかな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2014年5月20日 06:38に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「スピリッツ25号(2014年5月19日発売)調達」です。

次の記事は「「あいつはけなした! ぼくはおこった! それでこの一件はおしまい!!」がケースバイケースであることの一例」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30