これはフシギ!? 水をそそぐとなぜか逆に見える矢印

| コメント(0)


どこにでもあるようなごく普通のガラス製のコップ。そしてその向こうには紙に書かれた2本の矢印。コップ越しに見ると当然矢印はそのまま見える。左側に向けて2本とも仲良く並んでいる。けれどそのコップに水を灌ぐと......あれあれあれあれ? 矢印が逆に見えてしまう。

コップをどかして矢印を直接見ると、何の変化もない。コップ越しの矢印は、水が入っている部分だけ反対に見えるようになる。水を継ぎ増すと、両方とも矢印は反対を向く。スローモーションで再生されているけど、水が入っている部分だけが逆に見える様子がよくわかる。

いわゆる【スネルの法則】などにもあるように、光の光源や反射、屈折などで、従来存在するものとは違った見え方をする錯覚的な現象を利用したもの。そもそも「見える」ってのは、光があるからの現象だからね。虫めがねとか望遠鏡で対象が逆転して見えるのと同じ仕組みなわけだ。で、身近にあるコップと水で気軽にできるものだから、おや、これは不思議でござるという次第。コップのデザイン次第でできるものと出来ないものがあるから、色々と試してみると面白いかも。

それにしても、こういう「身近な科学」がこうやって楽しめるってのは、ホント、いい時代だよなあ。


(ソース:【The Presurfer】)

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2014年4月18日 06:52に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「妖怪ウォッチ2が早くも出るらしい。しかもポケモンみたいに2タイプ」です。

次の記事は「「プライベートブランド商品も製造者記載義務化」という話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31