「アフタヌーン」印刷証明部数が3.2万部と伝えられていた件について

| コメント(0)
↑ アフタヌーンの印刷証明部数推移
↑ アフタヌーンの印刷証明部数推移


先程本家サイトで掲載した【横ばいか軟調、唯一輝くシリウス...少年・男性向けコミック誌部数動向(2013年7月-9月)】について、「アフタヌーンの部数暴落の誤報については触れてないですね」という指摘が。あれ、どこかでデータ打ち間違ったかなと思って調べてみたところ、印刷証明部数のデータベースへのアクセスURLを書き換え、未公開時点のデータを取得した2ちゃんねるだかの書込みを基に、それをまとめたまとめサイトを経由して、「アフタヌーンの部数が半分以下に減った。マジヤバイ」的な話が拡散していたとのこと。

【試しに「アフタヌーン」「半分」】で検索すると「月刊アフタヌーン わずか3か月で部数が半分以下に」云々という類のまとめが山ほど出てくる始末。データの公開は11月7日にも関わらず、10月31日の時点で勝手にパラメータを書き換えてアクセスして取得したってことは、色々と問題があるんじゃないかなというツッコミも合わせ、「2ちゃんのログをまとめただけだから、俺たちには何の責任も無い」という、無責任な情報公知に関する問題を露呈した事象といえるな、これは。

↑ 「アフタヌーン」「半分」で検索した結果
↑ 「アフタヌーン」「半分」で検索した結果


例えば「ハンバーガーの肉の量が半分になった」という話が出れば「それじゃ買うの止めよう」となることも多いけど、雑誌の場合は「販売冊数が半分になったのなら、買わなくていいや」という行動には結び付きにくい。でも不名誉であるのはもちろん、不確かな情報を「未公開としていた段階で」流してイメージ化させ、なんだかんだと騒いでバッシングの材料にするってのは、どういうことなのよ、と思わざるを得ない。

「速報」と付ければ、転載ならば、ウケとアクセスが狙えるならば、何をやっても良いってわけじゃないのよね。そしてそういう姿勢、彼らが良くバッシングの対象としている、「マスゴミ」と呼んでいるマスコミの一部の悪しき部分の特性と、何ら変わりはないのよ。むしろそれ以上にタチが悪いかも。

アフタヌーンという雑誌に対する名誉を毀損しかねない話であることはもちろん正確性では公称部数よりはるかに高い印刷証明部数について、問題のある手法て取得したデータが用いられ、その誠実性を傷つけられたことについても、ちょっと困った話ではある。

まとめサイトも合わせ、この件のアフターフォローをしたのは一体どれだけあるのかな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2013年11月11日 13:15に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「これマジか!? Vジャンプの印刷部数動向、ちょっと大きな動きアリ」です。

次の記事は「コンプティーク12月号付録「艦これ 空母ストラップ3本セット」で同一空母が複数入っている可能性」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31