「わたしと仕事、どっちが大事なのよ!」 と責められまくってみた

| コメント(0)


テーブルの上でノートパソコンを使い何やら仕事をこなしている男性。するとそこに猫様が忍び寄り、足元にすがりつき、必死に自分の存在をアピール。そして「うにゃーん」(字幕では「なにやってんの?」)と自分に注意を払わせようとする。

仕事してるんだから後でね、と男性がたしなんでも、手をツンツンしたり周囲をぐるぐる徘徊したり、「にゃーん」と鳴き付いて来たり、しまいには膝の上に飛び乗って「わたしにかまってちょうだいよ」とおねだりする始末。

しまいにゃ男性も仕事をあきらめ、椅子の上にあぐらをかいて猫のポジションをつくってあげ、なでなでしまくる。ようやく猫も納得がいったようで、「それならば仕事を......」と男性が仕事を再びはじめようとすると、またまた猫は手にちょっかい。

男性にとっては邪魔だな、という気持ちと可愛いなあ、という気持ちが同居する形で、色々と複雑なんだろうな。でもあまりにも愛らしいから許すという感じ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2013年10月31日 07:05に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「あなたの肌をLUXは守ります。どんな悪しき手からでも......っておい」です。

次の記事は「「ライブドア 相互RSS」のブログパーツは非同期」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31