次の瞬間悲劇が訪れる「大物、とったでー!」

| コメント(0)


今月頭の出来事。調理人のYvan Mucharrz氏と漁師のMike Ritz氏がメキシコのCabo San Lucas沖で巨大なdorados(ドラド、シーラ)を釣り上げ、大はしゃぎ。これは記録に残さねば、ということで、釣り上げた船の上で両氏は自分の獲物を手にして、「とったでー!」のポーズを決める。

ところがその次の瞬間、カメラから見て右手の海から突然アシカが現れ、右側の人が持っていたドラドの尻尾をぱっくり。そのまま海の中に引きこんでしまった。取られた人は一瞬何が起きたのか分からず、「おーぅっ」と絶叫。アシカが引きずる自分のドラドが無くなった情景に嘆く...というよりは、とんだハプニングにむしろ喜んでるような感じもする。

このアシカ、もしかするとこの港でこんな感じの「盗み食い」になれているのかもしれないね。ともあれ両人にとっては、単なる大物の釣り上げよりも、良い記念になったに違いない。


(ソース:【Most Watched Today】)

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2013年10月30日 06:50に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「コンビニに50羽ものアヒルが襲撃してきた件について」です。

次の記事は「ヤングキングアワーズ2013年12月号 読了」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31