自転車動力のエレベーター

| コメント(0)


アメリカ・アイダホ州で創られた、30フィート(9メートル強)の高さに位置する木の上の小屋に設けられた、手製のエレベーター。元々自分が常用するのには適していないタイプの自転車だったので、改造してエレベーターの動力にしてしまったそうな。

ペダルを漕ぐとロープが巻き付けられて次第に上に挙がり、木の上の家にたどり着ける。降りる時は逆に漕ぐ、あるいはペダルから足を離せば、自然にまかれたロープが解かれ、下に降りる次第(よく見るとロープの反対側に重りがついていて、それで下がるみたいだね)。

横転しないだろうかとドキドキしながら見たけど、よく確認すると4点ほどで固定しているので、バランスはそれなりに取れているから、ひっくり返ることは無いみたい。秘密基地みたいでかっこいいけど、やはり多分に怖いよなあ、これ。


(ソース:【Like Cool】)

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2013年9月11日 06:53に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ドコモiPhone内輪話」です。

次の記事は「「逆立ちしたら扉が開いて服に引火で大騒ぎ」な映像はフェイクでした」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31