「オランジーナ」がチョー売れてるとの話

| コメント(0)

【「オランジーナ」販売計画を上方修正― 年間販売計画を当初の4倍の800万ケースに ―】

↑ オランジーナ
↑ オランジーナ


サントリー食品インターナショナル(株)は、好調な販売を続ける「オランジーナ」の2012年販売計画を、当初計画の4倍にあたる800万ケースに上方修正します。

「オランジーナ」は、1936年にフランスで誕生して以来、長年愛され続けているロングセラーブランドで、現在はヨーロッパをはじめ世界約60カ国で親しまれている果汁入り炭酸飲料です。

当社は、3月27日から日本での発売を開始し、一ヶ月後の4月26日には当初計画の200万ケースを突破しました。予想を大きく上回る販売で、製造能力を2倍に引き上げるなど生産体制を強化、発売約三ヶ月にあたる6月28日には販売実績が400万ケースを超えたことから、今回、年間販売計画を800万ケースに上方修正するものです。

なお、当社は以下のような点が評価され、従来の炭酸ユーザーに加え、今まで炭酸をあまり飲用していない30代以上の"大人世代"ユーザーも獲得したことが、好調要因であると分析しています。

(1) 爽やかなオレンジの味わいとオレンジピール由来の自然な苦味
果実繊維やオレンジなどの柑橘系果汁を12%使用し、さらにオレンジの皮から抽出したオレンジピールエキス由来のほどよい苦味も楽しめる独自の味わい。
(2) フランスの「バルビーボトル」をモチーフにした斬新なペットボトルデザイン
フランスでは「バルビーボトル」として親しまれている丸みを帯びた瓶をモチーフにした斬新なペットボトルデザイン。
(3) カフェやレストランでの展開
青山、代官山などのカフェを皮切りに、料飲店様でのお取り扱い店舗は現在約1,500店舗に拡大。「オランジーナ」としてそのまま飲用するだけでなく、「オランジーナ」を使ったカクテルとしての楽しまれ方も人気。


先日の「太陽のマテ茶」同様に、「ありゃ、結構売れてるのね」と驚いたお話。確かにコンビニやドラッグストアでもよく見かけるけど、そこまで数がさばけているとか......

......と思ったけど、多分に「(3)」の影響、つまり店舗使用の効用が大きいのではないかな、という推測をしてみる。店舗で見かけて飲んで、その分の消費量がカウントされるだけでなく、「あ、これ美味しいね」ってことで、改めて購入する機会も多分に出てくるだろうし。

今度機会があれば買ってみるかな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2012年7月 8日 08:01に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「世界各地で取り残される若者」」です。

次の記事は「北海道・東北・東京・中部電力管轄の電力需給動向(前年・前々年比)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31