【更新】アメリカに流れ着いたサッカーボール

| コメント(0)

[サッカーボール:アラスカ沖の島で発見 被災地のものか]
【Sports gear may be first of tsunami debris】
【Japanese Soccer Ball Lost During Tsunami Washes Up in Alaska】

↑ 見つかったサッカーボールと発見場所
↑ 見つかったサッカーボールと発見場所


東日本大震災による津波で太平洋に流失した可能性のあるサッカーボールが、このほど5千キロ以上離れた米アラスカ沖の太平洋にあるミドルトン島の海岸に漂着しているのが見つかった。

関係者によると、ボールには「2005・3 長部小3年より」と書かれている。大きな津波被害が出た岩手県陸前高田市に同名の小学校があることから、日米当局などが関連を調べている。


誰のものか、あるいはどこのものかを判別するのにはさほど時間はかからないはず。問題なのは当事者が名乗りを挙げられるかいなか。流れ着いたということは、その場が波にさらわれたことを意味するのだから。切なさというか、無常観を覚えざるを得ない。良い方向に話が進むことを祈りたい。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2012年4月22日 07:35に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「可能性とリスク、3年前の水力発電所での一例」です。

次の記事は「有人潜水調査船「しんかい6500」や海洋調査船「かいよう」も公開...JAMSTECの施設一般公開、5月12日実施」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31