DARPAによるステキングなキャタピラシステム

| コメント(0)


先日本家サイトで紹介した【BostonDynamicsの人型ロボット「PETMAN」、階段を登るシーンが公開す】とほぼ同時期にDARPAから公開された、高性能なサスペンションを持ったキャタピラシステムの映像。説明によると災害などでグタグダになった場所でも移動を可能とするロボットには必要不可欠な、稼働部分の構築技術の一環とのこと。急傾斜や起伏の多い所でも、安定した姿勢を保ち続けながら一定速度で走り続けられる......

......とあるけど、これ、それどころか稼働部分に小石をばら撒いても走行が継続できるってのは凄いよな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2012年4月13日 06:37に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「スペインでの青少年保護のためのインターネット規制の実態」です。

次の記事は「ねこの世界も複雑です」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31