コンビニのプライベートブランドとミニ・ショッピングモール化と

| コメント(0)


↑ ローソン某店でのプライベートブランドの垂れ幕やプレート
↑ ローソン某店でのプライベートブランドの垂れ幕やプレート


先日の【あんこや(ローソン) 初チェック】の話もあり、某漫画専門店に寄った際に、その店の近場にあるローソンに立ち寄った時の話。

結局そこでは「あんこや」の専用棚そのものが無く、冷蔵用のアイテムが他のスイーツと共に置かれているだけだったんだけど。その他の同社の食品系プライベートブランドの垂れ幕だのプレートだのがそこかしこに並んでいて、まるで小さなショッピングモールのような体裁になっていた。

元々コンビニでは自社独自のブランド(プライベートブランド)商品の開発は盛んだったけど、かつては「無印」的なものが多かった。でも最近は「あんこや」とか「パスタ屋」のように、疑似的な店舗なりブランドを呈して、そのお店の商品ですよ~のようなスタイルでの展開が増えてきたように思える。そしてその店を象徴するようなロゴやプレートなども一緒に提示して、コンビニの商品というよりは、そのブランドの商品であることを強調している雰囲気がある(ファミマなどの「ハハのキモチ」もその代表的なものかな?)。

こういったブランドの細分化が進むと、コンビニが小さなショッピングモールのような気がして来て、来店自身が楽しくなってくる。これもまた、時代の流れに応じた「進化」なのかもしれない。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2012年3月20日 08:22に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「【更新】「老体に 鞭を打たせる 無知さかな」...今冬の火力発電所の実情」です。

次の記事は「ハッピーターン ちょこっとチーズ味(亀田製菓) 試食」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31