一流マラソンランナーとの競争ができる地下通路

| コメント(0)


ニューヨーク市でのマラソンのキャンペーンの一環として行われた、Columbus Circle駅の地下道内で展開されたプロモーション。地下道の壁に張り巡らされたパネルには、カウントダウンのあと、長距離ランナーのRyan Hall氏が「マラソン中に走る」様子が実走のスピードで映像で映し出される。通路を使う人はRyan Hall氏との疑似的な駆けっこが出来るという次第。

コンセプトとしては非常に面白いし、プロモーション効果もある。後半部分の映像では、何と本人自身が一緒に走るっていう素敵な情景も収録されている......んだけど、動画中にもある通り、ここ一般通路なんで、面白がって走っている人が、普通に通路を使う人の邪魔をする可能性が多分にあるんだよね。なんかもうちょっと工夫が欲しかったかな、って気がする。


(ソース:

カテゴリ:

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2011年11月15日 17:05に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「柚子香るごろごろ野菜のあんかけごはん」「野菜とチーズのトマトスープごはん」(ローソン)調達・一部試食」です。

次の記事は「【更新】はちみつとレモンの組合せ......「三ツ矢サイダー ザ・プレミアム ワンウェイびん」登場」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31