革命的マーケティング論「Catvertising」とは

| コメント(0)


動画撮影が気軽に出来るモバイル端末の爆発的な浸透、動画共有サイトの利用率上昇、そして文章と比べれば音楽と並んで国・地域間のハードルが低く「ワールドワイド」な魅力を構築しやすい「動画」。その動画の中でも特に注目を集め、同じ世界的な、概してポジティブな共通認識・共感を得られやすい最強の素材、それが「猫」。

その「猫」をフルに活用し、動画というツールを介して徹底的な分析を行う事で、有益なマーケティングを展開していく。それが現代の技術が生み出した新しいマーケティング論こと「Catvertising」(猫(Cat)+広告(Advertising)の造語)。この映像では「Catvertising」の理論や具体的事例、そして将来展望について関係者が熱く語っている......

......とあるけど、当然のことながらこれはジョーク映像。この動画を創ったjohn st.が以前にやった【Pink Ponies: A Case Study】と同じようなスタイルだね。

まぁでも十分納得できてしまうし、ありえるんではないかなぁと思うと共に、それらしい演出をすると、それらしく見えてしまうものだなあ、とちょっと怖くなったりもする。


(ソース:【HUFFPOST COMEDY】)

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2011年11月16日 08:30に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「野菜とチーズのトマトスープごはん」(ローソン)試食」です。

次の記事は「キノコ ソフトストラップ2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31