2005年~2010年における諸外国の65歳以上人口割合の比率増減

| コメント(0)


先日本家サイトで掲載した【世界各国の子供・成人・老人比率をグラフ化してみる(2010年国勢調査反映版)】。実は前回国勢調査のデータもちゃんと残っていたので、その差異を計算してグラフ化までしたのだけど、これをつけても蛇足になるだろうな、別途これだけで記事にしても、なんか中途半端だよな、でも放置しててももったいないよな......ということで、こちらで掲載。あ。数字はポイントね。念のため。

小数点以下第一位までなんで、結構誤差があるとは思うんだけど、ある程度は諸国の状況を表しているといえる。やっぱりこのグラフでも日本が一番高いのね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2011年7月15日 17:57に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「シッカロール(ベビーパウダー)」です。

次の記事は「ローソンから四川料理「天外天」監修の"冷し中華"発売」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31