【更新】充電時間短縮&出力1.5倍のエネループモバイルブースター登場

| コメント(0)

【三洋、出力1.5倍で充電時間が短くなった"eneloop mobile booster"】
[くり返し使うライフスタイル"を提案する「eneloop universe products」から携帯端末の緊急電源として最適な高容量携帯用電源「eneloop mobile booster」の新商品を発売]





三洋電機は、出力を従来の1.5倍にしたモバイルバッテリー「eneloop mobile booster(エネループモバイルブースター) KBC-L54D」を9月8日より発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は5,000円前後。

外出先での電源確保に便利なリチウムイオン電池内蔵のモバイルバッテリー。8代目のモデルとなるKBC-L54Dでは、スマートフォン、タブレットなどの電源としてeneloop mobile boosterを利用する人が多いことに注目。従来の携帯電話に比べ、電池容量が大きいスマートフォンに対応するため、出力電流を従来の1.5倍となる 1.5Aに高めたほか、電池容量を従来より8%高い5,400mAhとした。

これにより、機器への出力時間が従来より長くなったほか、充電時間が大幅に短縮された。たとえば、電池容量1,000mAhの機器を充電するために従来は120分かかっていたが、出力1.5AのKBC-L54Dでは、約80分で満充電できるという。

使い勝手の面では電池残量や充電状況を示すLED表示を従来のブルー1色から、3色表示に変更。グリーンに表示されている場合は電池残量 70%、充電が約70%以上終了していることを示す。オレンジは約40~70%、レッドは約40%以下を表す。LEDが消灯している場合は、使用不可。


単純にお出かけ用、予備用、緊急用として使う以外に、昨今の節電事情ならピークタイム「以外」で充電しておいて、ピークタイム時に電池切れの心配があった時に使うとか、色々と融通の効く電気の使いこなしができそう。

これと、同社などの太陽光発電ユニットを連動させることが出来ればもっと強力なんだろうけど......出力の関係で難しいかな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2011年7月22日 08:09に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「【更新】5年間保存可能なビスコ缶も登場してるヨ」です。

次の記事は「手に取るようにぐるぐる回せる日本の震源地」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31