【更新】三鷹の森ジブリ美術館で「ねこバスから見た風景展」開催

| コメント(0)

【三鷹の森ジブリ美術館で「ねこバスから見た風景展」-大人が乗れるねこバスも】
[企画展示『ねこバスから見た風景展』]



鷹の森ジブリ美術館(三鷹市下連雀1、TEL 0570-055777)で6月4日、企画展示「ねこバスから見た風景展」が始まる。

アニメーションで使われた背景画を大きく引き伸ばしLEDのバックライトを当て、立体の造形物と組み合わせて展示する同展。第1室は「となりのトトロ」。会場入口に大きな「ねこバス」が横たわり来場者を迎える。第2室は「耳をすませば」「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」「もののけ姫」の印象的なシーンを再現。背景画と組み合わせた展示は、これまで行われてきた企画展では初めての試みとなる。

「ホームページに情報を掲載したとたん、『大人も乗れるねこバスを展示するのか』と聞かれたが、今回の企画展はねこバスから見た『風景』が主役」と中島館長。「宮崎駿監督は『背景美術は映画の品格を決める』と言うが、1カット5秒という短い時間に使われる背景画は、人の目で見た印象で描かれている。空は青だけじゃなくて、雲も白いだけじゃない。きっちりと描かれている部分もあれば荒っぽい部分もあったり...そんな発見を楽しんでほしい」とも。


「ねこバス」そのものではなく、「ねこバスから見た風景」をメインに据えるってのは、案外面白い視点といえる。バスそのものも魅力的だけど、そこから見える世界は普通のバスや飛行機とはまた違う、神秘的な情景に違いなく、それを創作者らの観点で描いたものは、素敵な世界を織りなしているに違いないからね。

将来的にはAR技術などと組合せ、ねこバス疑似体験なんてアトラクションもできるんだろうなあ、とか想ったりする。

(c)1988 二馬力・G (c)Nibariki (c)Museo d'Arte Ghibli

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2011年6月 6日 07:56に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「フランスのテレビとラジオでは、もう「ツイッター」「フェースブック」は使えません......言葉そのものが」です。

次の記事は「ふんわりくりーむドーナツ(フジパン) 試食」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31