【更新】中部電力、浜岡原発の運転停止へ・公式発表

| コメント(0)

【浜岡原子力発電所の運転停止要請への対応について】



平成23年5月6日に、内閣総理大臣が浜岡原子力発電所のすべての号機について運転停止の要請を表明するとともに、当社は、同日、経済産業大臣より要請書を受領いたしました。

原子力は、安全の確保を最優先に、立地地域の皆さまをはじめ広く社会の皆さまの信頼を得て成り立つものであります。当社は、内閣総理大臣からの要請を重く受け止めております。今回の要請は社会の原子力発電に対する不安の高まりを踏まえたものと捉えており、原子力発電所を保有する事業者として、皆さまの不安に対し真摯に対応し、より信頼を得ていくことが最優先であると考えております。

当社は、要請への対応について検討を重ねてまいりましたが、こうした基本的な考え方に基づき、非常に厳しい状況ではありますが、現在運転中の浜岡原子力発電所4,5号機(4号機:沸騰水型、定格電気出力113.7万キロワット、5号機:改良型沸騰水型、定格電気出力138万キロワット)を停止することを本日、決定いたしました。4,5号機については、準備が整い次第速やかに停止いたします。また、停止中の3号機(沸騰水型、定格電気出力110万キロワット)についても、当面運転再開を見送ることといたしました。

今回の要請の受け入れにより、お客さま、立地地域の皆さま、株主の皆さまをはじめ多くの皆さまに多大な影響を及ぼすことが懸念されます。これらの方々に過度な負担、不利益が生じないよう、経済産業大臣に対し、別紙1のとおり確認をいたしました。

今後は、津波に対する安全性を一層高めるため、防波壁の設置などの対策を速やかに実施するとともに、地域の皆さまを始めとして、広く社会の皆さまにその内容をご説明してまいります。その上で、当社としては、中部地域への電力の安定供給のために早期の運転再開を目指してまいります。

また、浜岡原子力発電所の運転停止により、今後厳しい需給状況となることから、別紙3のとおり電力需給対策本部を設置し、電力の安定供給に向け、あらゆる施策を講じてまいります。


本家サイトで先日挙げた【中部電力の各種データをグラフ化してみる】でも触れている、中部電力の件。結局、法的強制力が無いけど要請に従って停止ということになった。これで例の尖閣諸島絡みや仕分け事業の件同様「要請したけど強制してないから、何かあっても責任取らないよ」という言い訳体制を整えてしまったわけだ。

まあ、【「科学ニュースあらかると」】でも解説されているけど、"「法律では、首相にはそういう権限が無い」は単に言い訳です。立法府は「法律を制定し、強制的に停止を命じられる」のですから"。

まぁ、時がきたらアンドロメダあたりにまでお遍路に行ってもらうことになるかもしれないですね、ハイ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2011年5月 9日 18:20に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ローソンの「プレミアムロールケーキ」シリーズ、累計販売数1億個突破」です。

次の記事は「【更新】大相撲、YouTubeでもライブ中継したらどうかな?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28