【更新】自分の「いちばん」って何だろう

| コメント(0)

[あなたの「いちばん」大募集!]


J-NSC会員のみなさんへ麻生太郎J-NSC最高顧問より「いちばん」キャンペーン・参加のお願いメッセージです。ぜひ、あなたの「いちばん」をお寄せください!!


自分が何かの分野を手掛けたり、色々と携わっていても、その分野で自分がナンバーワンになるのは難しいな、無理だなってのは重々承知している。自分の能力には限界があること、痛いほど知ってるからね。でも区分を細かくしていけば、その中では一番になれるかもしれないし、たとえそれが無理でも、手を伸ばして頑張ることで、もっと先へ、もっと前に進むことができる。数か月前にスーパージャンプだかで、「国民全員に、何らかの形で『一番優れている』ことを示す勲章を授ける」って内容の読みきり漫画が掲載されたけど、そんな感じの考え方でもいいんじゃないかな(あとで時間があればサルベージしてくるか)。

【世界各国の科学技術に対する考え方をグラフ化してみる】でも触れたけど、「お前はダメだ」と否定的なプレッシャーをかけられて足元をすくわれて、ポジティブになれる人など滅多にいないからね。

自分の「いちばん」って何だろう。何を「いちばん」にしたいのかな。考え直してみると、色々と見えてくるものがあるかもしれない。

※追記
少々勘違い。勲章云々ってのはビジネスジャンプの2010年10月6日号で坂木原レム先生の『愛と幻想のデモクラシー』。猫頭をかぶった首相が国民1人1人の要望をかなえるという名目で、国民全員に勲章を授けるというお話。色々なメッセージが込められている感がある、意外に後からじわじわくる内容だったんだな。手元に残っているのが確認できたので、リクエストなどがあれば改めて紹介してもいいかしらね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2010年11月30日 07:59に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「【更新】国会軽視の国会議員が半数近く・出席した真っ当な議員さんは誰だろう」です。

次の記事は「1980年代の日本、ゲームセンターや回転ずしが動画に」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30