コンシェルジュが中に入っているような自動販売機

| コメント(0)

【JR東日本ウォータービジネス/売上3倍の次世代自販機を本格展開】


JR東日本ウォータービジネスは11月16日から、東京駅の5台(2日間で設置)を皮切りに、次世代自販機の本格展開を開始する。

2010年8月10日に、「おすすめ」機能を含めた高度なマーケティング頭脳を搭載した次世代自販機を、品川駅で2台を先行展開させ、本格展開に向けて、顧客の声の収集やコンテンツなどの改良を行っていた。先行展開を踏まえ、本格展開を開始するという。2011年3月までに100台程度、2012年3月までに更に400台程度を、東京近郊のJR東日本エキナカで展開する。

次世代自販機の売上の状況は、通常の自販機の約3倍で、次世代自販機の前に行列(人だかり)ができる時間もあった。先行展開から判明したマーケティングデータとして、メインユーザーは、20~30代男性で男女別の利用者比率は、男性が63%、女性が37%。男性の中では、30代が最も多く、次に20代が多かった。



公式リリースは【こちら(PDF)】。正直見逃していて、「しまった」と思ったお話。人が沢山いた時に対応が大変だな、とか初期投資費用とかランニングコストが高そうだなとか、「おススメ」データの更新も合わせると色々なことができそうだな、とか、考えられることは山ほどありそう(好奇心の意味でも)。しかもあれか。表示部分が液晶パネルになっているので、デジタルサイネージとしての役割も果たすのか。これは素晴らしい。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2010年11月17日 12:31に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「本末転倒とは正にこれのこと」です。

次の記事は「「見て見てご主人様、どうかにゃ?」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28