吉野家のスタミナ超特盛丼って定番アイテム化してたのか

| コメント(0)


先日吉野家関連で調べ物をしていたときに気が付いたこと。ちょっと前に発売を開始し話題に上っていた吉野家のスタミナ超特盛丼って、実のところ期間限定では無くて定番アイテム化していたということに驚き(一部店舗では販売していないけど)。

牛肉、豚肉、鶏肉と主要の食肉を全部敷き詰め、にんにくたっぷりで味付けしたという、この世の終わりかパラダイスかという感じの一品。しかもカロリーは1711kcalとか、成人の一日分レベルだったりする。塩分相当量は4.9グラムで、こちらもほぼ1日分。炭水化物は134.9グラム。ロカボにライダーキックという感じだ。

吉野家の一人向けメニューとしては実のところ、これ以上のカロリーを持つものもあったりする。例えばタルタル南蛮から揚げ定食。これは1784kcalで、塩分は7.3グラム。鬼のような一品。まぁ、どう考えても美味しいものに違いはないのだけど。罪ある美味しさって感じかな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年11月27日 06:48に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「フェイスシールドやマウスシールドの「実用性」と不織布マスクの有用性」です。

次の記事は「松屋でうまとろ豚たま牛めし登場」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31