あまりも売れないと中古市場にも出回らなくなる

| コメント(0)


中古品そのものの存在の正当性はケースバイケースなのでさておくとして。食品のように時間経過とともにすぐに劣化してしまうものではなく、保存状態がよければ年単位で性能を維持できるもの、特にエンタメ系のアイテムではよくある話として。発売当時はあまりにも人気が無くてワゴンセール行きとなったり投げ売り状態になったアイテムが、数年経つとメーカー在庫はもちろん市場での一般流通在庫もなく、中古市場にも出回って来ないというケースがある。

色々な要素が絡んでくるけど大きな要因としては、中古市場に出回らないぐらいに対象商品が市場流通に流れなかった、一般の買い手に行きわたらなかったということがある。中古市場に出回るためには一定量の数が最終利用者の手元に届く必要があるからね。恐らくは生産量そのものがさほど多くなかった、市場に回ったけど売れずに廃棄されたり、倉庫に眠っていて打ち捨てられてしまっているということなのだろう。


ゲームソフトとかレゴとかではよくある話だけどね。世の中、どこに価値が生じるかなと、分からないものである。

酷い造形で有名な例のナルトのフィギュアも、今では1万円超えでの取引となっているし......。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年11月21日 07:20に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「新型コロナで忘年会や新年会中止のお知らせ」です。

次の記事は「アマゾンのサイバーマンデーは11月27日から」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31