Vtuberにも炎上はありうる。結局は中の人の話

| コメント(0)


ちょっと前まで実際の俳優やタレントを使うと本人の私生活や他の仕事でのトラブルで炎上して誘爆を受けてしまうからリスクが高い、その点Vtuberなら私生活がないし他の仕事で使われていたとしてもデータのコピーのようなものだから類似関連性の観点で誘爆を受けることはないだろうと言われていたけど、実際にはVtuberでの炎上が相次いでいたりする。

結局は指摘されている通り、Vutberはあくまでも見た目を本人とは別物にしただけの話であって、要は着ぐるみと概念的には同じ。だから、中身の人のトラブルで誘爆を受けることもあるし、中身の人の性質次第でVtuber自身が火元になってしまうこともある。悪業三昧のヤンキーがかぶりものをしてネズミーランドで徘徊したらどうなるのか、という感じ。

特に「『不特定多数に情報発信する怖さ』『多数の聴衆の前で話する恐ろしさ』を知らない」という点がポイント。この点は普通の俳優やタレントなどと同じなんだよね。

この問題を解決するのには結局のところ、以前ちょいと流行ったAIによるチャットシステムのような疑似人格でVtuberを操作させるしかない。もっとも本当に好き勝手にコントロールさせるのは何の意味も無いので、何らかの意図的な情報を発信させることになるわけだけど、その情報の内容が炎上してしまうかもしれない。また完全にAIに挙動をお任せするとしても、変な話をしてしまう可能性は多分にある(以前のAIでのチャットもその類のトラブルが頻発した)。

結局はVtuberだろうと何だろうと炎上するリスクはある。常に注意を払わねばならないし、そのためには相応のコストをかける必要があるのだろうな、と。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年10月 5日 07:51に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「プログラマにお金ちょっと渡せばコンピューターには何でもしてもらえる」と思う筋」です。

次の記事は「NAVERまとめは閉鎖したけど検索結果にはまだ反映されていないので大変な件」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31