ツイッターで「リンク先の記事を読みませう」との警告も

| コメント(0)
Twitterは、「読んでいない記事」をリツイートまたは引用リツイートする際に、リンク先の記事を読むよう促す機能をアプリに追加する。

リンク先の記事を開いて、内容を読んだ上でリツイートや引用ツイートしてもらうための機能。記事の見出しだけでは内容は把握できないため、Twitterで開いていない記事をリツイート/引用ツイートしようとしている人に対し、「記事を読みましょう」リマインダーを表示する。iOS/Androidアプリ上で順次提供していく。


先日の臨時導入機能「リツイートする前に引用リツイートの画面が開く」に続き、リンクがあってツイッター外のページを参照しているツイートに関しては「いそのー、見出しだけで判断せずに中身も読んでからにしようぜー」的な警告メッセージが出るとの話。これ、米大統領選まで限定なのか、今後もずっとなのかは分からないけど、興味深い話ではある......ってよく見たら、スマホでのアプリ限定か。PCクライアントでどうやって判断するのかと思っていた。

確かに昨今では一般報道でもタイトル詐欺の類を日常茶飯事的に展開してくるし、「見出しだけでは記事の中身はわかりません」というのは言い得て妙に違いない。

ただ、ツイッターにしても今の報道媒体にしても多分に、その「タイトル詐欺でダマす」「見出しで釣る」ことを半ば推奨しているし、その方がふところは温まるんだよね。その辺の折り合いというかせめぎあいはどのように決着をつけるのかな、と。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年10月23日 07:58に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ガリガリ君のみかん味登場」です。

次の記事は「動画でグラフが無断引用されているともやっとする件」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31