デマやフェイクの類を確認するのにはリプライのみならず引用ツイートをもチェックすべし

| コメント(0)


あえてネタの大元の話は引用しないけど。知人の車の中にチューブで水をまき散らすというものがあり、それに関するお話として色々と納得ができるものだったので。

指摘されているネタ画像はどこかの雑誌のっぽいけど色々と探ったらネット上で個人(?)が作ったもののようで、時間がもったいないので精査は途中で止めてしまったけど。その類の作りもとが分からない画像は、書かれている内容についての信憑性を疑わないといけない時代になっていたりする。実際にこの画像の中身は時系列がぐちゃぐちゃであるようなんだけど(一部確認済み)。それに目立つ話ばかり出してきて、印象操作の典型事例だよな、と。

で、このツイート、実際に見てみれば分かるのだけど、ツイッターの新しい機能として先日から実装されている「フォロワーか@ツイートしたアカウントのみが返信できる」ものとなっている。なのでインチキとかフェイクとか間違いといった指摘ができない状態。こういう問題があるからこの新機能はダメだという指摘が山ほどされているのに......。

ということで、引用ツイートでツッコミをする人が多数でているのが実情。

幸いにも引用ツイートの一覧も確認ができるようになっているので、そちらを検証すればいい。非常に面倒な話ではあるのだけど、今後は単純なリプライだけでなく、引用ツイートも見ていかないと、デマや妄言に加担してしまうかもね、ということ。非常に面倒ではあるのだけどね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年9月 3日 07:56に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「ドッキリ」と嫌がらせの境界線」です。

次の記事は「アイスを買うとアイスの引換券がもらえるイベント」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31