プロの仕事の本質

| コメント(0)


単純に仕事・成果に対して報酬をもらったら、その時点でプロだという考え方もあるけど。一般的には本当のプロってのはこういうことをいうのだろうな、という話。要は一定水準の品質となる生成物を作るだけでなく、同じようなものを毎日(あるいは求められている期間ごとに)同じような品質で出せるということ。

機械化というと変だけど、つまりはそんな感じで安定した品質を定量出せる継続性があって、はじめてプロだと言える。そうでなければ高品質であっても容易に途切れてしまうから。まぁ、実のところ芸術家のように、超高品質な生成物を不定期に出すというスタイルもあるけど。それは特異な例。それが許容されるような環境や品質でなければならないから。例えば挙げられているそばの例なら、美味すぎて卒倒して一週間は夢に出てくるようなものとか、寿命が1年は伸びるようなものとか。そういうのはプロというよりは匠、達人の領域。

継続性が大切だってのは、つまりはこういうこと。主婦のお仕事にしても然りだよね。


どのような業界でも、結局プロかどうかは最低限の話として、定期的に成果物を出せるかどうか。一発屋は漫画ならともかく、実社会ではやっていけないのだよね。

まぁ、実のところ「プロ」の定義そのものを別解釈すれば、誰でもプロにはなれるのだけど。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年7月 1日 07:18に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「アマゾンの食品や飲料で半額セールなものを集めたページ」です。

次の記事は「5月の宿泊84%減」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31