「新しい生活様式」なコースを銀座ライオンが提供

| コメント(0)
サッポロホールディングス(株)のグループ企業である「JOY OF LIVING-生きている喜びの提供-」を企業理念に、ビヤホール・レストランなどを運営している株式会社サッポロライオン(本社・東京都渋谷区、社長・三宅祐一郎)は、お客様が安心して楽しくお食事ができるように、新型コロナウイルス感染症専門家会議からの提言を踏まえ厚生労働省が公表した「新しい生活様式」に対応した新コースを東京・神奈川・埼玉・宮城の銀座ライオン(一部店舗除く)にて提供します。


東京・神奈川・埼玉・宮城の銀座ライオン(一部店舗除く)では、お一人様からご利用でき、料理・ドリンクすべて個別提供のコースをご用意しました。新しい生活様式に基づき『大皿は避けて、料理は個々に』『お酌や回し飲みは避ける』を取り入れた、銀座ライオンの新提案コースを5月25日(月)より営業再開店舗から順次販売します。


先日どこぞの番組で再現フィルムが創られて色々と物議をかもした「新しい生活様式」にのっとった飲み会の話。正直あの内容は極端すぎるし(そもそもフェイスシールドをつけながら飲み食いという時点で間違っている)、そこまでして飲み会をする必要などないじゃん、VR飲み会でいいじゃんとか、「新しい生活様式」ってあくまでも新型コロナウイルスへの対抗策が登場するまでの話でしかないのだけど、という感はある。

で、トレンドに乗ろうじゃないかということで銀座ライオンが始めたのが、その「新しい生活様式」なコース。飲み会用とはあるけど、これよく考えてみたら、普通の居酒屋的な飲み会用の食事というよりは、ちょっとおしゃれなレストランでの会食みたいなものだよね。大変よろしい。しかもお一人様用から用意されているとのことなので、ぽっちめしもスタイリッシュにいただける。

こういう「新しい生活様式」ならば、全然ありには違いないし、新型コロナウイルスの問題が終息したあとでも、このスタイルは継続してほしいものではある。なんかカッコイイやん。確かに大皿から取り分けたりお酌も悪くはないのだけどね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年5月23日 07:38に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「勝手にかき混ぜてくれる自動マドラー付きなカップ」です。

次の記事は「医療用具は戦略物資」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31