ゴシップ紙やスポーツ紙の記事を一般報道と同格に扱うとか、テレビ局の一局員を万能有識者扱いするとか

| コメント(0)


震災以降顕著化しているのだけど、今回の新型コロナウイルスの事案ではそれがダイナミックヒドイ形で出ているのが、このインターネット上のニュースに関するお話。一般紙の掲載記事と、大衆雑誌とかゴシップ紙とかスポーツ紙のようなウケ狙い的な・ネタ話のような記事がネット上、特にポータルでのニュース集約コーナーでは同格扱いされ、同じようなスタイルで配信されてしまう。どこ新聞発との引用もされていることもあるけど、読み手の目に映るのは同一フォントでの文字列だから、同じ品質・正確度として受け止められる。

これって引用でも上げているけど、教科書とゴシップ雑誌を同格扱いにして学級文庫とか図書館に並べるのと同じレベルの愚行。あるいは一般誌とR18のドキツイ雑誌を同じコンビニの棚に混ぜて並べる感じ。

ポータルサイト配信の場合、さらにそのポータルの権威が上乗せされる。グーグル配信だとかヤフー配信のだから、信ぴょう性は高い報道記事だと誤認してしまう。実際、スットコなゴシップ紙の記事でも「だってこれヤフー配信だから正しいよね」という話は何度となく見聞きしている。

この辺り、どうにかならないものかな、と。


スポーツ紙などの一般紙との混合に合わせて。そのスポーツ紙がネタ的に積極姿勢で取り上げるのでポータルサイトに転送されてそれ経由で話が広がっているのだけど、ワイドショーに登場するいちコメンテイター、しかも該当する方面での資格も確かな経歴も持たず、単に報道局の局員という存在でしかない人物が、有識者・専門家であるかのように語り、それが正しいこと、正論として伝えられるのか。ましてや指摘されている通り、玉川徹氏はテレビ局の局員である以上、その言及はテレビ局の総意という認識をされても仕方が無い。

これって結局、以前から繰り返し伝えている、ニュースステーションを皮切りに始まった、報道と意見、ニュースとオピニオンの意図的な混合化の一形態なんだよね。

この違和感を覚えている人って、どれほどいるのかな。何の裏付けも確証性も無い、単なる局員がべらべらと公共の電波で事実であるかのような話を語り、それがメディアによって喧伝されるという状況が。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年3月17日 07:56に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「給食の在庫食材を販売する「食べて応援!学校給食キャンペーン」」です。

次の記事は「夏向けの小型扇風機を早くも確保」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31