ドラッグストアでのトイレットペーパーを求める行列に並んでみた

| コメント(0)


実のところ当方が購入したのはトイレットペーパーではなくて風邪薬で、レジが別分けしていなかったので仕方なく並んだまでの話なのだけど。ちょいと風邪の気配を覚えたので風邪薬で早めに対処すべきだろうし、この際だからいくつか買いまとめしておこうかということで、時間を取って開店直前の薬局に...と足を運んでみたら、ずらりと行列。人数にして50人ぐらいだろうか。手に手にティッシュペーパーやトイレットペーパー、キッチンペーパーを持っていたので、ああこれはトイレットペーパーなどの購入のために開店前から並んでいる筋だな、ということが判明。

平日の午前十時ごろという時間帯のせいもあるのだろうけど、並んでいる人は6~7割が高齢者、2割ほどが壮齢主婦、あるいはそれに子供。よく観察してみると、高齢者は多分に夫婦で来ていて別途トイレットペーパーを持っているし、子供連れの人も子供に別口で持たせている。しかもスマホで別の店舗にいるであろう子供に色々と指示をしている気配すらある。

他にも行列がレジでの清算で消化されるまでの間に口コミ的な話を聞き耳を立てて聞いていた...というか黙っていても大声でやり取りするので聞こえてしまう、によると、すでにティッシュペーパーを50箱買いだめしてあるとか、トイレットペーパーを買いまくっているとか、頭を抱えるような話がネタ話ではなく、リアルに飛び込んでくるので、頭痛が止まらない。

先日も言及したけど、トイレットペーパーにしてもティッシュペーパーにしても、消費する量に変化はないのだから、供給が途絶えるような状況でない限りは、部屋のスペースを埋めていくばかりなんだよね。それこそ詰みプラとか詰み本のような状態になりかねない。部屋が広いのなら別にそれでもいいんだけど。

土日は流通が原則としてストップするからさておくとしても。来週ぐらいにはこのようなバカげた(と表現しても問題はないと思う)情景も見られなくなるのではないかな、と。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年3月13日 07:30に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ヤフオクのマスク規制、その後」です。

次の記事は「税制・税率は景気のコントロール、ひいては政策実現のためにある」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30