首から掛けたり胸ポケットに刺すタイプのインフルエンザ対策グッズはリトマス試験紙

| コメント(0)


毎年この時期になると本屋のレジ横にさり気なく配されるようになる、クレベリン系のインフルエンザ対策グッズ。塩素のパワーで周辺の空気を消毒するのでお子様のインフルエンザ対策もばっちり的なうたい文句を使った、ステキナイスなアレアイテム。指摘されている通り、新型インフルエンザが流行ったひと昔前に大いに持てはやされたけど、結局のところは銀イオンでトイレをきれいにとか水素水同様に、インチキなお祈りアイテム以上の効用が無いっていうのはすでに立証されているのだけど、未だに絶滅しないのはなんででだろう。

今冬は中国の新型肺炎の話もあるから、さらにいっそうこの類のアレアイテムの展開に拍車がかかるのだろうなあ、と頭を抱えている。

クレベリンなどの塩素系の薬剤使ったインフルエンザ対策グッズ、要はお気持ちビジネスグッズなのだよね。お守りと同じ。つけてる当事者の安心感とか、つけさせた人の達成感とか責任回避の保険のアイテムでしかない。そしてそこに付け入る悪徳商法というわけだ。水素水とかデトックスとか水からの伝言とかと同レベル。


指摘されている通り、見方を変えればあれをつけている人は、衛生概念が無い、欠けていると自称しているようなもの。その意味ではリトマス試験紙的な存在として認識した方がいいんだろう。

...あるいは数十円位でクレベリン系のインフルエンザ対策グッズに似せた単なるお守りを作った方がビジネスになるんじゃないかと思ったりもする。中に香料を入れて良い香りがするよ、的な。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2020年1月24日 07:28に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「Amazonが「置き配サービス」の実証実験地域を拡大」です。

次の記事は「サイン本と遺品処理」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29