ファッションと迷彩服の意味

| コメント(0)


街中でも時折見かける、ファッションとしての迷彩服。一般仕様以外に市街戦用とかもあったりする。着ている方は単純にミリタリ系のファッションだからぐらいにしか考えていないのか、あるいはカッコイイからなのか。大人ならまだしも、ブラウン運動をしかねない子供が着ているのはリスクが高過ぎる。

そもそも迷彩服ってのが本来は何を目的として作られているのかを考えれば、普段着として着ることのリスクの大きさは理解できるはず。

これね、第三者的な立場から想像した場合は大したことではないという認識になっちゃうかもしれないけど、自分でドキハラするような経験をすれば、超分かるはず。迷彩服の機能の実情を知る経験など、そもそもしたくはないのだけど。

子供が着たいとせがんでも、保護者が着せたいという感情が沸き上がっても、リスクを考えたら迷彩服は避けたいところ。


冗談とかオーバーとかいう話ではなく、マジモノだからね、この話。ほんの一瞬の判断の遅れが重大な事故発生につながる可能性があるわけだから、その瞬時の判断を鈍らせる・遅らせる可能性がある迷彩服の着用は、少なくとも子供には避けてほしい。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年10月25日 07:56に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ファイルやフォルダという概念が分からないとの話」です。

次の記事は「資料が正しいかどうかを見極める眼が必要」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31